Event イベント情報

東京の街を塗り変える、未来のためのアートプロジェクト「TOKYO MURAL PROJECT」がスタート。革新的な再開発計画がスタートした新橋〜虎ノ門エリア、メインストリートである新虎通りのビル壁面をダイナミックに用いてMURAL(壁画)を描くプロジェクトです。10/14(土)には、第一弾のお披露目を兼ねたアートイベントを開催します。

The TOKYO MURAL PROJECT is an urban redevelopment project for the centrally located Toranomon neighborhood, newly coined the SHINTORA Area. The project seeks to explore a new approach to urban development led by art (in the form of murals). The first mural of this on-going urban art project will be unveiled to the public on October 14, 2017, while the artist adds the finishing touches.

壁画お披露目イベント

開催日時2017.10.14(Sat) 11:00~20:00
開催場所東京都港区西新橋2-19-5 (カザマビル)
公式HPhttp://mural.tokyo/
公式facebookhttps://www.facebook.com/TOKYOMURALPROJECT/
公式Instagramhttps://www.instagram.com/tokyomuralproject/

アーティストプロフィール

SAL

1970生 東京在住
04頃より独自のグラフィックアートを主にカルチャーシーンで表現活動を始める。
DJ KRUSHのベスト盤ジャケットアートワークを手掛け、国内外にその存在を大きく示す。以降、ドイツ、デュッセルドルフのハイアットホテルのボールルーム壁画などのコミッションワークを手がけるなど、海外での活動と評価を確かなものにする。
2008年より、これまでのグラフィカルな作品からより絵画的な表現方法での制作に移行。帆布に鉛筆で描くなど、閃きとテーマによってその手法やスタイルを多様に幅広く推移させる。その中で一貫して言えることは、主に自然の事象からヒントを見出し、作品制作を通してものの本質を追い、普遍的かつ現代的な”人間性”を表現している。
www.ilooli.net

展示略歴

2004、 外苑前DAZZLE(個展)
2006、 ロスアンジェルスScion Installation L.A.(Frank151 Far Eastern Conference Exhibition グループ展)
2006、 山梨Gallery Trax(w/CANDLE JUNE)
2007、 マドリードCirculo Bellas Artes(w/DJ KRUSH)
2010、 六本木Gallery MoMo(個展)
2010、 ロンドンPlanetPatorol(個展)
2016、 パリTokyoïtes Art(個展)
2016、 ポートランドGigantic Brewing Company(個展)
ほか

JONJON GREEN by Youta Matsuoka

1978年 群馬県高崎市生まれ 多摩美術大学美術学部卒業
ビートカルチャー、グラフィティカルチャーといったストリートと密接した文化と、ヒッピーカルチャーやパンクなどのカウンターカルチャーに影響を受け、大学卒業後単身アジア、ヨーロッパを放浪。帰国後の2004年よりライブペインティングを軸に制作活動を開始。
現在は、筆、ローラー、スプレー、マスキングテープ等を使用し実験的に出来たテクスチャーをグラフィカルに再構成する作品を制作。
また80年代当時デザインにおけるポストモダン代表として一世を風靡したデザイン集団「MEMPHIS」の思想、色彩、デザインから着想を得て新しい表現の拡張を試みている。
日本、アメリカ、シンガポール、カナダでの展示、FACEBOOK、instaglamのjapanオフィスへの壁画提供等、現在までに各所室内外での壁画制作、アートショウ企画、多様なアーティスト達とのコラボレーションワーク等、活動の幅は多岐に渡る。ストリートと美術の世界を横断するスタンスで、現代の日本における美術作家としての新しい在り方を模索する。
MURALISTとしては近年主に、パレットやキャンバス上で生まれる様々な色彩実験を組み合わせ、一つの画面にセルフコラージュ的な手法で描く抽象表現のスタイルを好んで用いている。これらの作品は高い評価を受け、国内外多方面から招待を受け各地に精力的にMURALを残している。