虎ノ門ヒルズ 森タワーオフィス

地上52階建て、高さ247mの超高層複合タワー「虎ノ門ヒルズ 森タワー」のオフィスは、6階から35階の30フロア、総貸室面積30,000坪を有します。ハイアットが運営するラグジュアリーライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」、眺望抜群でホテルサービスも利用できるハイクラス住宅、国際水準のカンファレンス施設、多様な都市活動を最大限サポートする商業施設、約6,000㎡のオープンスペースなど、高度に複合した機能が、入居企業のグローバルビジネスを支えます。

虎ノ門ヒルズオフィスの魅力

グローバルビジネスハブ

都心ビジネスエリアの中心に位置する虎ノ門。東京都が構築する重要インフラ・環状二号線が、国際化が進む羽田空港へのアクセスを格段に向上させます。虎ノ門は、グローバルプレイヤーを迎え入れる“東京の玄関口”として、世界の都市と都心のビジネスエリアをつなぐハブになります。

安全・安心な街

「逃げ出す街から逃げ込める街へ。」虎ノ門ヒルズ 森タワーは、3種類の制振装置による高い耐震性能に加え、非常時に専用部に対しても電源供給を可能とする非常用発電機を備えるなど、事業継続性(BCP)にも配慮しています。

働く人の交流が生まれる街

ここで働くオフィスワーカーには、オフィスライフをより楽しむための、さまざまなサービスが用意されています。毎日のランチをよりお得にする店舗優待サービスや、ワーカー同士の交流を促すオフィスワーカー限定のフットサル大会・ゴルフコンペなどのイベントが定期的に開催されています。

国際新都心へ虎ノ門ヒルズが拡大・進化

「虎ノ門ヒルズ」の隣接地において、新たに3つの大規模プロジェクト「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」が進行中です。日比谷線虎ノ門新駅(仮称)を含む一体的な都市づくりを加速し、「虎ノ門ヒルズ」は一気に拡大し、国際水準のオフィス、住宅、ホテル、商業施設、交通インフラなど様々な機能を備えた、真の国際新都心グローバルビジネスセンターへ進化します。

階数

地上52階建 地下5階 塔屋1階

構造

鉄骨造(柱CFT造、一部SC梁)

延床面積 244,360㎡(約74,000坪)
総貸室面積 99,160㎡(約30,000坪)
駐車台数 459台
エレベーター 乗用22台、非常用2台
竣工 2014年5月
設計 日本設計
施工 株式会社大林組