周辺エリア(新虎通り)

虎ノ門と新橋を結ぶ通称「新虎通り」。開発が進むこのエリアは、ビジネスだけでなく居住エリアとしても、食、カルチャー、エンターテイメントのスポットとしても新たな展開が繰り広げられています。これまでにも東北の六祭りが集結した「東京新虎まつり(東北六魂祭パレード)」といった大規模なイベントや、地域の方々と行った「新虎打ち水大作戦」などが新虎通りを舞台に開催されました。

現在は、新虎通りから日本全国の魅力を発信する「旅するマーケット」、新虎通りの壁面を用いたアートプロジェクト「TOKYO MURAL PROJECT」、グリーンバードによる地域活動などが行われ、東京の新たなシンボルストリートとなる新虎通りを中心に、今後さらなる魅力的な街への進化が期待されています。

周辺エリアトピックス

ヒルズで楽しむ絶品『HOT & COOL』グルメ

この夏、虎ノ門ヒルズをはじめとした赤坂・虎ノ門エリアの6つの施設にて、夏限定のオリジナルメニューを楽しめるグルメフェアを開催中。暑い夏にぴったりな清涼感あふれるCOOLな一皿やピリッとスパイスが効いたHOTな一皿など各店にて趣向を凝らしたメニューが目白押しです。この機会にぜひご賞味ください。

「旅するマーケット 2018年夏・秋の章」がスタート!

7月3日(火)から『旅するマーケット』が新たなタームをスタートします。
日本各地の旬の食材や郷土料理を食す「旅するスタンド」には、多彩な食の文化圏を持つ三重県の北勢地域に位置する桑名市、菰野町、鈴鹿市が出展し、豊かな食を展開します。
そして毎週金曜土曜には、新鮮な地域の食材や加工食品が買える「新虎マルシェ」が新たにオープン!ぜひ足をお運びください。

https://www.tabisuru-market.jp/information/1806182018ss-start.html

More

レストラン&ショップ

新虎通りとは

2014年3月に開通した環状2号線の新橋と虎ノ門を結ぶ通称「新虎通り」。
2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックの際に、選手村とスタジアムを結ぶ道路の一部として位置付けられ、緑あふれる並木や広い舗道と自転車道が整備された東京の新しいシンボルストリートです。幅の広い歩道部の沿道一体が「東京のしゃれた街並みづくり推進条例」に基づく街並み再生地区に指定されています。